Concept -What at we aim-
「KOBE RS CLUB」のコンセプトのご紹介。BMWを愛するライダー達の秘密結社?秘密じゃないか・・・。

ボクサーの感動を共有-ボクサーエンジンを愛する人達が集える場所を作りたい-

BMWボクサーエンジンの魅力を、より多くの人達と共有したく、2011年のはじめに「神戸RSクラブ」を発足させました。

OHV時代のボクサーエンジンのバイクに、キャブレタの同調がとれていない車両が多く、アイドリング中にバイクが左右に大きく振られてしまっている車両や、走っていてもエンジンレスポンスが得られず、 「こんなものか・・・」と嘆いているオーナーの声をよく耳にすることがあります。

OHVのボクサーエンジンは、ほんの少し手を加えることで、また、オーナーが、ほんの少し知識を得ることで、低回転から高回転まで気持ちよく回るエンジンに生まれ変わります。そして、路面をしっかりとグリップし安定しながらコーナーを走り抜けていくマシンに生まれ変わります。BMWバイクの持つポテンシャルを、体いっぱいに体感して頂く為のテクニックや知識を、メンバーの皆さんとともに共有したい。そして、そこで出会った仲間達と、ともに走り語りたい。

これが、私が「神戸RSクラブ」を発足した最大の目的です。

「神戸RSクラブ」では、入会金や年会費は必要ありません。老若男女を問わず「BMWボクサーエンジンに乗って、私達とともに一緒に走りたい。語りたい。」と思う、その気持ちだけでご参加OKです。

このクラブで出会ったメンバーの皆さんも、「神戸RSクラブ」が主催するツーリングの他、メンバー同志が個別に食事会を開催されたり、奥さま同志がメールでやり取りをしながら仲良くコミュニケーションをされていたり、モトクロスコースでオフロードの練習会をされたりと、活発に、それでいて自由に各々がバイクライフを楽しまれています。

「神戸RSクラブ」での出会いをきっかけに、ボクサーエンジンについて語り合い、ともにツーリングに出かけたその先で、バイクライフをより豊かにしてくれるヒントを見つけ出して頂きたいのと同時に、“人生のかけがえのない仲間”を見つけて欲しいとも感じています。

そして、そこで出会った仲間とともに、汗をかき、助け合い、語り合い、喜びを分かち合える存在として、長きに渡り大切に育んで頂ければ幸いです。そんな場所や機会を、この会を通じて積極的に創造していきたいと考えています。

これまで多くのバイクを乗り継いでこられたベテランライダーから、初めてバイクに乗るバージンライダーまで、みんなで笑いながら、熱く、楽しくともに過ごしませんか。

ハーレーダビッドソンのバイクは、よく“馬”に例えられます。さて、BMWはどうでしょう。

BMWのバイクが持つ、ジョントルなバイクフィーリングは、“貴族のような・・・”や“エレガントな・・・”という表現がピッタリとはまるように感じます。

コンディションの良いBMWバイクに乗った人だけが知りえる、懐の深さと広がりを持つ何とも表現しがたい“何か”がそこにあるのです。タンクやカウルが顔となる多くのバイクの中で、「エンジンが顔」となる唯一無二の存在。それがBMWのボクサーエンジンです。

そんなボクサーエンジンを愛し繋がる人々の輪が、大きく大きく広がっていくことを心から願っています。